人間と同じでミニチュアシュナイザーも病気にかかります。医者に水分をきちんと摂るように勧められますがミニチュアシュナイザーも同じです。

私たち人間と決定的に違うことは、与えないと摂取することができないので管理をきちんとしてあげましょう。

あげる水の量について

ミニチュアシュナイザーは遺伝的な病気があり、中でも尿管結石になる場合があります。

他の犬に比べても水分をとらないのも特徴的なので、飼い主は色々と試行錯誤されている方も多いそうです。

ミニチュアシュナウザー 水 量 飲まない

必要な摂取量って?

体重×0.050.07が1日分に摂取してほしい水の量だそうです。ですが、普通に出しておいても飲まないことがほとんどだそうです。

そこで、食事と一緒に水や牛乳を含ませて与えている飼い主さんもいらっしゃいます。おうちにいるミニチュアシュナイザーの様子を見ながら何をすれば摂取してくれるか探ってみてくださいね。

水を飲まない原因について

水を飲まないことで疑われる病気はなさそうですが、水を飲まなさ過ぎて病気になることがあるのが、ミニチュアシュナイザーの特徴です。

そこで水を飲まない原因について調べてみましたので一緒に考えてみましょう。

夏バテ?

季節の変わり目などでぐったりしている場合に水を飲まないという説があります。

ただ室内犬で毎日冷房をかけている場合は心地よい空間である限り飲むとは思いますが、体が冷えて飲まない場合もあるそうです。

スポンサードリンク

排泄不足?

お散歩のときに排泄をして帰宅すると水を飲むというワンちゃんが多いそうです。排泄が不足してないかを確認してみてください。

老化?

人間と同様で高齢になると食が細くなるのと同じで、ミニチュアシュナイザーも老化が原因で水を飲まなくなる場合があるそうです。

食も細くなる場合があり、食事からも水分を取ってくれなくなると心配ですよね。

まとめ

ミニチュアシュナイザーを飼育していてこれで大丈夫なのか心配になりますが、沢山遊んでキレイな水を常に用意してあげるように心がけてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク