飼い主なら誰もが心配になるのがペットの病気ですよね?飼育すると決めたら病気はつきものだと考えておき、予め病気についても知っておく必要があると思います。

飼い始めてから知らなかったことが次々と起こることで、面倒だと途中で投げ出す飼い主もいるのが事実です。

飼う前におうちに連れて帰りたいと思ったのがミニチュアシュナイザーならその病気についても知っておいてくださいね。

尿路結石とはどんな症状?

尿が長時間尿道にとどまることで引き起こされる病気です。中でもオスは尿道に尿路結石ができやすいと言われています。

もちろんメスもなりますが、人間で同じ病気になった人の話を聞くと、とても痛いというので言葉を離せないワンちゃんは涙を流して訴えているかもしれません。

ミニチュアシュナウザー 尿路結石 対策 治療

どうしてなりやすいのか?

水分の摂取量が少ないことが原因のひとつとも言われています。また老化によるものや食事の偏食によるものだとも言われています。

腎臓病などの病気から併発されて尿道に影響がある場合もあるそうです。

尿路結石にならないための対策とは?

発見が遅いと死に至るケースもあると言われるので、日頃からちょっとした変化にも気づくようにしてください。

どうすればいいのか

水分を摂るようにしてあげましょう。室内でたっぷり遊んでキレいな水をあげるよう心がけてください。

また、1日でも早く異変に気づくことが重要です。お散歩に行ったときに1回も排泄しないようなら、かかりつけの病院に相談するようにしてください。

スポンサードリンク

どんな治療法があるの?

尿道に詰まった結石によって対処法が異なります。結晶段階であれば、内服薬や食事療法で対処する場合が一般的ですが、点滴で水分を流しカテーテルで尿道を洗い流す方法があります。

ただし、症状が悪化している場合は手術になることもあり費用も高額であると言われています。

まとめ

かわいいペットといつまでも仲良く暮らすには、日頃からペットの変化に気づくことが重要だということがわかります。

ペットの寿命は人間より短いこともあるので、命を大事に育んでいきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク