アトピーって人間だけの病気ではないことを知っていましたか?

花粉症の時期になると人間でも辛そうですが、ペットは口に出してその辛さを伝えることができません。そこで早く気づいてあげることはとても重要になってきます。

では、犬にも起こるアトピーとはどのような症状があるのでしょうか?参考程度にチェックしておいてください。

皮膚の病気

皮膚病は一度かかると、再発が多いと言われています。中でもミニチュアシュナイザーは皮膚の病気にかかりやすいと言われています。

ミニチュアシュナウザー 皮膚 病気 アトピー性皮膚炎

長期間に渡って激しいかゆみに襲われることもある皮膚病にならないために対策をきちんと行っていきましょう。

対策とは?

こまめにシャンプーとブラッシングをしてあげることです。

皮膚病から他の病気を併発する恐れがあるため、定期的にミニチュアシュナイザーに合ったシャンプーをするようにしてください。

シャンプーした後に、皮膚の状態をこまかくチェックすることで、早めの対処することが可能になります。

アトピー性皮膚炎の原因

遺伝性だということもありますが、環境により引き起こしてしまうケースが考えられます。例えば、ハウスダストやカビ、ダニやフケ、人間も苦しむ花粉です。

症状について

皮膚のただれや、かゆみ、発疹や激しくかきむしることもあります。皮膚病が原因で二次感染である外耳炎にもなるそうです。いずれも皮膚をかゆがったり、フケが目立つようになったり、皮膚がべたつくような症状が見られる場合もあるそうです。

スポンサードリンク

予防と対策

生活環境がきれいであることは絶対条件です。毎日のお散歩から帰宅したら足や手を拭いて目の下や口の周りなども拭いてあげるようにしましょう。

私たちも日常の移動だけでも花粉やダニ生活環境の中にもカビと共存しているところがあります。外出後は飼い主も清潔にすることをお勧めします。

まとめ

皮膚病はアレルギー性皮膚炎だけでなく、免疫の低下による発症もあるそうです。他の症状の中には、特効薬がないこともあるそうです。

発見が気づくのが遅くなって辛いのはワンちゃんです。常に見てあげることを怠らないようにしなくてはいけませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク