シュナウザーはドイツ語で口ひげという意味を表す言葉である「シュナウツ」からきています。

しかし、シュナウザーは一緒でも「ミニチュア」と「スタンダード」の種類があります。

しかし、何が違うのか、飼うにはどちらが自分にはあっているのかなど疑問に思う方もいると思います。

そんな方と一緒にこれからミニチュアシュナウザーとシュナウザーについて詳しく見ていきます。

シュナウザーとは

シュナウザー ミニチュアシュナウザー 違い

シュナウザーの種類の中でシュナウザーは「スタンダード」という種類になります。

中型犬の体重は約10㎏~20㎏未満でシュナウザーは体重15~20㎏なので中型犬になります。

体高といい犬が立った状態で、地面から背中までの高さのことを言います。それが45~50㎝です。

少し大きいです。平均寿命13~16年です。

シュナウザーを小さくしたミニチュアシュナウザーの方が人気であるため、日本ではあまり多くは飼われていません。

ミニチュアシュナウザーとは

ミニチュアシュナウザーはスタンダード・シュナウザーやほかの犬などを配合してスタンダード・シュナウザーを小型化したものです。

また、昔ミニチュアシュナウザーは農場のネズミを捕まえていたといわれています。

ミニチュアシュナウザーの体についてみていきます。

小型犬の体重は約5㎏~10㎏未満です。

スポンサードリンク

そのためミニチュアシュナウザーは体重4~7㎏であるため小型犬に分類されます

体高30~36㎝、平均寿命は12~15年と言われています。

性格はシュナウザーすべてはほとんど変わりませんがサイズが大きすぎないため、小型犬を除くと最良の家庭犬と言われています。

まとめ

私がよく見るシュナウザーはミニチュアシュナウザーである事がわかりました。

シュナウザーにはミニチュア・スタンダード・ジャイアントと3種類いることもわかりました。

シュナウザーの性格はほとんど変わりありませんが、大きさがおおきく違うため、大きければ散歩の距離だったり、餌の量だったりが変わってきます。

よくそのようなことを考えて自分に合うワンちゃんを選んであげてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク