子犬から成犬になるまでの餌の量や、餌の与え方をお話していきましょう。

子犬はあっという間に成犬になってしまいます。一般的に小型犬から中型犬はおよそ1年で、大型犬以上は1年半程度で成犬になります。

急速に成長していく成長期の餌はその後の健康にも影響を与えますので、子犬から成犬になるまでの最適な量と与え方を学んでおくことが大事です。

生後から生後3週間まで

赤ちゃん犬を育てるのは珍しいケースですが、生後すぐから乳歯が生えだす生後3週間から4週間頃までは子犬の餌は母乳が基本です。

大切な免疫が母乳を通して子犬に引き継がれます。母乳を飲んだ場合と、飲まない場合では、その後の子犬の健康が左右されるとまで言われています。できるだけ母犬の自然な育児に任せるのが理想です。

万が一飲ませられない場合は、新生児用代用乳を飲ませましょう。

ミニチュアシュナウザー ドックフード いつから 頻度

生後4週間から生後2か月まで

乳歯が生えだし、母乳を飲むのを拒否するようになります。その時期に子犬の餌は、母乳と離乳食になります。

餌の与え方のコツとして、母乳と並行して離乳食を与えると、切り替えがスムーズになります。

その後、およそ生後2カ月に至るまで離乳食を与えます。

市販の子犬用フードであれば栄養も偏りが少ないので安心です。餌の与え方はフードに記載してあるのを目安にして与えましょう。

毎日体重を図り、順調に増えているかを確認しながら、餌の量を加減していきましょう。

3カ月頃から6カ月頃まで

この時期の子犬は、毎日大きくなっていくのが目に見えるぐらい成長していきます。餌は子犬用を与えるのが安心です。

餌の量も記載してある分量を目安に与え、1日3回程度に分けて与えましょう。カリカリのままではなく、一度沸かして冷ましたぬるま湯でふやかして与えましょう。

子犬が飼い主さんの手元に来る前に与えていたドックフードを与えるのが良いでしょう。

4カ月頃に近づいてくると、ふやかした状態をやや硬めにしてカリカリでも食べるように与えていきましょう。子犬のあごの骨格の成長を促すことが出来ます。

注意したいのは、餌の量が少なすぎるので栄養失調を起こしてしまうことです。子犬がなかなか大きくならない、ふらついているということがあれば、餌の量が少ない可能性があります。

スポンサードリンク

7カ月から成犬になるまで

7カ月から1歳の成犬になるまでは肥満に注意しながら餌の量を加減しましょう。ドックフードも子犬用から成犬用に切り替えるタイミングです。

餌の量はドックフードに記載してある量を目安にしましょう。与え方として、ふやかさなくて大丈夫です。与える回数は、朝と夕方の散歩後の2回で大丈夫です。

もし、下痢をしやすい、毛艶が悪い、適度な脂肪が付かないなど、異変を感じた場合はドックフードが子犬の体質に合っていない可能性があります。

小麦や大豆といったドックフードの原料にアレルギー反応をしてしまう子犬もいるので、健康状態を確認しつつ餌を与えていきましょう。

この時期になるとバクバク食べていた子犬も食欲が落ち着いてくるので、ドックフードを過剰に与えたり、おやつを与えたり、肥満犬にならないように注意しましょう。特にお子さんがいる家庭は気を付けましょう。

まとめ

ドライフードのデメリットとして、酵素の摂取が不足しやすい点が挙げられます。

時々、生の鹿肉やヨーグルトやキャベツといった、生の食べ物を与えると良いでしょう。

犬用酵素サプリなども市販されているので、活用してみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク